プロフィール

44

  • Author:44

    prof_sansho.jpg
    ■山椒:セキセイインコ
    2008年5月初旬生まれ。

    prof.jpg
    ■44:ヒト
    そろそろトウもたってくるお年頃。

    山椒茶屋へのリンクは設置も解除も自由にどうぞ。
月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
涼しい夏
ご無沙汰しておりますが、日々こんな感じで
110726-01-01.gif
元気にやっております。

台風接近からずっと気温が低くて、それこそプルっとくるぐらいでしたね。
久々に鳥がふっくらとしていました。
----------------------------


あと我が家に現在お客様が来ております。
P1090037.jpg
■しあわせの黄色いあたま のピョロ美さん。
シッターにてしばしご滞在中です。
偶然にも、ぶりちゃんに引き続き、似た羽色。
ピョロちゃんは山椒よりかなりエメラルド色寄りですね。


豚1頭、セキセイ雄1羽という殺風景なこのワンルーム所帯に女子インコさんが来るということで、
山椒に「レディーファーストだぞ…!!紳士的にお願いしますよ!!!」と1ヵ月前から言い含めておきましたので
きっと多少は期待に応えてくれることであろう、と…。
普段全く見せる機会のない男を見せる時だぜ…!
と祈るようにその日を迎えました。

喧嘩もしないようだったので同時放鳥してみたら、
飼い主のエミ~ゴさんがセッティングをしていったピョロ美さん用ケージにスルスルと入る山椒。
ピョロ美さんもなにかしら?と山椒を追い、ケージにin。
P1090133.jpg
奥がピョロ美さん、手前が山椒。
おお…こうしてコミュニティが出来ていくのかしら…
期待に胸が膨らみます。(その調子でおなかより出っ張ってくれるとありがたい所です。)


はい早速の盗み食いです。
P1090084.jpg
弁解の余地もありません。
私、いたたまれません。
設置してあるシード入れと粟穂全てに頭を突っ込むという徹底した無法っぷり。
神奈川県川崎市における本日の犯罪が1件増えた決定的瞬間です。


気にしていませんよ。
フワフワ。
P1090073.jpg
と、いつもゆったりしているピョロ美さん。
すいませんすいませんマジすいません。

pyoro-01.jpg
バナナを食べるピョロ美さんと
その辺を飛び回って帰ってきた山椒。


2羽は、スープの冷めない、しかし持って行きもしない絶妙な距離を保ち、日々を過ごしております。


with2bn_04.gif にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ランキングに参加しています。
ちょっと齧られてますが、押していただけると励みになります。





スポンサーサイト
日記 | 【2011-07-26(Tue) 15:20:23】 | Trackback:(0) | Comments:(10)
夢を見ながら
110710-01-01.gif
110710-01-02.gif
110710-01-03.gif


110710-01-04.gif
110710-01-05.gif

---------------------------
このブログへのリンク設定、張り剥がしいつでもOKです、
コメントなどでご連絡下さる方、ありがとうございます!
(^O^)/


----------------------------

文具店でやることリストというのを見付けましたちょうかわいい。
110705-list01.jpg
むしろやる小鳥スト。

やるべきことを箇条書きにして、終わったらチェック。というメモ帳です。
中身は2種あって、2種目に印刷されてる文鳥…
110705-list02.jpg
パンツくわえてるちょうかわいい(笑)

最近までオーストラリアで見付けて即購入したやることリスト(To Do List)使ってたのですが、ちょうど無くなってきていたので、素ん晴らしいタイミング。

いままでの相棒↓
110705-list03.jpg
一番最初の行に印刷してあるのは「Wear pants (パンツをはきたまえ)」

なんて素敵なお役立ち商品だ!!! と胸を熱く打たれ、職場で使って欲しく妹へのお土産にさりげなく混ぜておいたのですが
遠慮深い妹はこれだけ私に速攻で返却してきて、2冊手元にあったのも今は昔…。
使い切るのが寂しいくらいお気に入りです。

たった2人の姉妹じゃぁないか!遠慮なんかいらないよ、妹よ…!
これからも姉はお土産を探しそして渡し続けるから、待っていてね!!!



----------------------------

あとこれは、全く鳥に関係ない本なのですけど…
地震イツモノート
阪神・淡路の大震災に実際遭われた方々に、大きな地震に直面してどう感じて何が必要だったかをリサーチしまとめたものです。
地震への備え(物質的にも精神的にも)に、最近読んだ中ではピカイチだったので、簡単にですがご紹介します。
itsumo-02.jpg

どんな風に行動するのがよいか、とかの情報の良さはもちろん、全ての言葉にイラストが添えられていて、それらが記憶しやすいのです。
itsumo-03.jpg

itsumo-04.jpg



それから前書きのこの一文
----------------------------
itsumo-01.jpg
日本の面積は、世界の面積の400分の1。
そこに、世界の地殻エネルギーの10分の1が集まっています。
----------------------------

えーーっ…そうなんだ…地震大国日本て、本当の本当にそうなんだ…
常日頃からもう少し地震を意識して生活すべきなんだなぁ…


阪神淡路、北海道南西沖の地震のころは、まだ学生だったこともあり友人知人の範囲なども狭かったのですが
今回の東北の地震では、たまたま最近知り合った人が東北出身で同僚を亡くしてご家族は避難所生活とか、原発の避難区域で農業をやっていた知人の家族が丸々職を失ったことを聞いて唖然としたり、
思いがけずそういう意味での距離が近く、
改めて今回の、それから今までの地震の規模を理解しているところです。


細いけれども長く募金を続けていこう、という他に自分に出来ることは何かなぁと考える日々です…。


■地震イツモノート
同じ内容の物が文庫版でかなり安く出てるみたいです。
私が手にした1500円のほうは紙質や中の二色刷の装丁がとても可愛らしく、安い文庫版でもそれが再現されてればいいんですけどどうなんだろう。




※地震のあと、うちのこのブログで和めましたというとても嬉しいコメントやメッセージをいただきまして
 一時でも楽しんで頂けたなら本当に良かったです。
 こんなユルユルのでよければ遅筆ながらこれからも描いてゆきますので、
 どうぞまた遊びに来てやって下さい。


with2bn_04.gif にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ランキングに参加しています。
ちょっと齧られてますが、押していただけると励みになります。






日記 | 【2011-07-10(Sun) 00:30:04】 | Trackback:(0) | Comments:(11)
天の河原で
110707-01-01B.gif


with2bn_04.gif にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ランキングに参加しています。
ちょっと齧られてますが、押していただけると励みになります。





日記 | 【2011-07-07(Thu) 13:05:06】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
冷静と情熱のあいだ
110628-02-01.gif
110628-02-02.gif
110628-02-03.gif
110628-02-04.gif
110628-02-05.gif
110628-02-06.gif
110628-02-07.gif
110628-02-08.gif
110628-02-09.gif
110628-02-10.gif
110628-02-11.gif
110628-02-12.gif
110628-02-13.gif



----------------------------

前回の記事の題、「お肌のお肌の曲がり角♪」は、
小さい頃、母親に呆れられるほどコミックスもアニメ大好きだった
ハイスクール奇面組でチョロっと出てくる、童謡「たき火」の替え歌です。

子供の頃は笑って読んでいましたが、今見ると若さ故の残酷が突き刺さる秀逸な歌詞です。(白目)

コメントいただいて検索したら、他にもこのフレーズで歌があるんですねえ!
脂肪の蓄積による内圧に定評のあるわたくし故、肉を切らせて骨を絶つシワ無し戦法というかなり崖っぷちな
アレで自信があったのですが、ガラガラと崩れ去りました…。
色々な方法を教えていただけたので、全部…お肌の曲がり角を鼻ずさみながら試します…。

----------------------------

ずーっと読みたくて、でも泣いちゃいそうだな…と、入手したのに延ばし延ばしにしていた『アレックスと私』を読み終えました。
天才ヨウムとして日本のニュースでもごくごくたま~にですが見かけた鳥のことを、その研究に没頭しながら彼を愛した女性研究者が書いた本です。
アレックスが亡くなってニュースが幾度も流れたので、どういうヨウムだったのかきちんと知ったのもその時でした。
その後書かれた物なので、ちょっと寂しい、でも愛されてたんだなぁという内容です。
研究者として対象のアレックスとはある程度距離を置かなければいけない!と信念を守った博士が
アレックスの死後に自分の中に溢れかえるいとおしさを綴る部分、うっかり電車の中で読んじゃった…泣いちゃった…。

アレックスって一般的な男性名と思いきや、「Avian Learning EXperiment (鳥類の学習能力研究)」と、しっかりした由来があったなんてのも知りました。

実験の環境・手順など、生き物相手にはこうやって研究を進めていくのか…というのが未知の世界で
そしてたまに…というかしょっちゅう、アレックスが実験に飽きて人間をからかうシーンがあるのですが、そんな時こそむしろ、アレックスの頭の良さが際だつのです。
これ、お…面白い!!!

それにしても、動物に感情と知性があると、世間、特に西洋でそれを普及させることの困難さがここまでとは!
アレックスを迎えたのが1977年、この時はまだ、動物は一般的に
----------------------------
環境の刺激に対して自動的に反応するオートマン、つまり機械仕掛けのロボット程度にしか思われていなかった。
----------------------------

正直私、西洋でそれが信じられていたのって、遅くとも戦後すぐくらい、それこそピークは魔女狩りとかしてる時代の話と思ってましたよ!
めっちゃ現代じゃないですか!


ヒトの必要とする知性と同じものさしで学術としてアレックスの頭の良さを証明しなければいけなかったので
博士は大変な苦労を要していますが
皆様ならすんなりとその情報を受け入れて、そうそう色々わかるし出来るよね。そして体中むっちゃくちゃ感情詰まってるよね。と、目の前の鳥(や猫や犬やアレコレ)の皆様とアイコンタクト出来るかと思います。
なあ山椒よ。

■アレックスと私



with2bn_04.gif にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ランキングに参加しています。
ちょっと齧られてますが、押していただけると励みになります。





日記 | 【2011-07-02(Sat) 02:07:03】 | Trackback:(0) | Comments:(14)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。