プロフィール

44

  • Author:44

    prof_sansho.jpg
    ■山椒:セキセイインコ
    2008年5月初旬生まれ。

    prof.jpg
    ■44:ヒト
    そろそろトウもたってくるお年頃。

    山椒茶屋へのリンクは設置も解除も自由にどうぞ。
月別アーカイブ
最新記事
コメント
トラックバック
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
グレート・ブルーマウンテンズ
オーストラリア滞在中、鳥天国の中でもやはりインコ・オウム類を見てみたいなという気持ちが大きく
特に、大型のものが飛んでいる風景を見てみたかったので、
キバタンやモモイロインコとの遭遇は嬉しかったです。

最初にシドニーのボタニックガーデンに行った時は、園内を散策している最中キバタン2羽と出会いました。
噴水の塔の上、木の上にいて、いずれも眺めているうちにスッと飛び立ってゆきました。
あっ!いた! くらいの一瞬の出会いです。
今思えば、ここまではほんのジャブ。

本番はシドニーから電車で一時間半かけてゆく、世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園での遭遇。
この時は完全に世界遺産目的で、キバタンを期待しないで向かっていました。


中央に3つ尖っているのが、名所・スリーシスターズ。
101004-01-06.jpg
このあたりに暮らしていた美しい3姉妹とそのお父さんが、魔物に襲われてしまい
お父さんが魔法で娘達を岩に変え魔物から隠してやり、
自分はコトドリという鳥に姿を変え、岩の隙間に逃げ込んで難を逃れた。
けれども4人はもう、元の姿には戻れなかったのでした。それがこの岩。

というアボリジニの伝説のある場所。

スリーシスターズには最寄り駅から観光バスですぐに着くので、この日は降車してそこからカトゥーンバの滝という所を目指すことに。
日本とは植生・岩の雰囲気が違う森を分け入りながら1時間半ほど歩いた頃、急にグィー!!ギャー!!と騒がしいゾーンに入りました。
見上げると
101004-01-04.jpg
キバタン!
松の皮をバリバリと剥ぎ取って楽しんでらっしゃる最中。
その横の空にも、どこからともなくお仲間がスイスイと飛んでゆきます。

心にザワザワ感を抱きつつ辿り着いたカトゥーンバの滝。
断崖絶壁、そして大きい。
101004-01-01.jpg
丸印のあたりに動いているものが見えます。

左の○を拡大
101004-01-01s2.jpg

右の○を拡大
101004-01-01s.jpg
米粒みたいのが、森をハラハラと舞うキバタン。
私の携帯写真だとこんなですが、このとき肉眼ではきちんと、鳥の形、冠羽、翼のはばたきなどが確認できました。

わぁぁああぁああ!!
本当に、こんなところで暮らしているんだ!!!!
飛ぶのが得意な鳥って本当なんだ!
昼は温かく、夜は底冷えのするこの国で、こうやって飛んで水飲んで木の実探して少しじゃれたりして暮らしてるんだ…。

101004-01-05.jpg
滝の全体写真からほんの少し右に視線をずらすと、こんな広々とした感じ。
スリーシスターズがはるか遠くに…。

近くに来た個体で、一羽、
何かこちらにアピールしてきたのもいたり。
101004-01-11.jpg
101004-01-12.jpg
101004-01-10.jpg
101004-01-09.jpg
101004-01-08.jpg
多分威嚇…。


曲芸飛行のようなこともしていた。
101004-01-13.jpg



101004-01-02.jpg
帰りは(道に迷ったあげく)こんな絶叫ロープウェイに乗ってバス停へ帰りました。

景色の壮大さと、そこに息づく鳥たちの姿に、
胸はドキドキと鳴るのに、頭はボンヤリ、ポカンとした状態が終わらず
腑抜けのように帰路につきました…。





まあ、数十分後、呆然としたまま乗った鉄道の車窓から
P1070009.jpg
巨大な水たまりに群がる、これまたキバタンの大群を見て脳が飛び起きるんですが。

オーストラリア、すごい。





with2bn_04.gif にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ランキングに参加しています。
ちょっと齧られてますが、押していただけると励みになります。





日記 | 【2010-10-04(Mon) 22:55:31】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
コメント
今晩は。
間違いなく威嚇であっても、
歓迎の舞いと勘違いして幸せになるでしょうw
ロープウエイは遠慮したいです。。。

「潔癖の“ぺき”は、
 こう書く!」
というCMを思い出しました( ̄▽ ̄)
2010-10-04 月 23:06:54 | URL | まさき #sCj5cBmo [ 編集]
頭を下げての そのポーズなら、求愛では…?(笑)
2010-10-04 月 23:25:59 | URL | 美咲 #58QiQ9eE [ 編集]

鳥がお好きな方ののオーストラリア旅行記ってこんなに迫力があるんですね。
いやいや44さんならでは。
その感動と光景がこちらにずんずんと伝わってきます!
2010-10-05 火 08:50:11 | URL | kururu #wYAyu/Y2 [ 編集]

はじめてコメントさせていただきます
赤坂です(^^)
44さんのブログを見て、20年ほど前に飼ったインコを思い出しました。
「インコ臭い~~(笑)」と楽しんでいましたねえ…しみじみ
山椒ちゃんが飼い主さんとともに、元気で長生きしますように!
2010-10-05 火 13:48:58 | URL | 赤坂 芽衣子 #- [ 編集]

い・・・威嚇なのですか・・・(;´Д`)

友達がオカメを飼っていて。
遊びに行くと鳥籠の中から逆立ちみたいな感じで。
ちょうどイラスト2枚目みたいな事されてまして。
何の意味があるのかなーと思ってました。
友達は「縄張りの主張じゃないかなー」と言ってましたけれど。
もっと積極的だったんですねぇ。

・・・き、嫌われてるのかなぁ(´;ω;`)

それにしても、オーストラリアってすごい。
ものすごい。
2010-10-05 火 18:42:40 | URL | ちろり #- [ 編集]

キバタン、って本当にあちこちに沢山いることがよくわかりました。
帰国後のキバタンを見る目って変わるのでしょうか~~?
私は、隣の家に見たワカケホンセイから始まってモモイロインコに興味を持ち浮気に浮気を重ねて・・・今のアケボノに到達したのですが、、
何度も見てるうちにその相手が好きになるっていうことを考えれば、44さんはきっとキバタンが大好きになっているのでは?と思います。これって鳥には当てはまらないのかな?
2010-10-06 水 00:01:18 | URL | ゆめたん♪ #OhxYADQM [ 編集]

キバタンに求愛? 威嚇? されたのですね。
強烈な思い出になりますね!
キバタン、44さんのブログで初めてしっかり写真を見ました。
白くて、目が丸くて、めごいですね~♪

それにしてもオーストラリアって、自然が豊かで面白い大陸ですね。
ほんと、1度行ってみたくなりました♪
2010-10-06 水 08:47:36 | URL | 半分 #- [ 編集]

その泉に飛び込みたい!!!
キバタン最高!オーストラリア最高!!
2010-10-06 水 22:53:41 | URL | REAL #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。